住環境エンジニアリングの家庭用ソーラーパネル豆知識

アクセスカウンタ

zoom RSS ソーラーパネルの海外製品について

<<   作成日時 : 2012/04/28 14:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先に言っておくと、自分はサニックスもそうですし、海外製品に良いイメージはありません。

で、一番気になったのは、「断れた」のに、どうしてサニックスは断らなかったのか、という点なんです。

例えば、よくあるパターンで、築年数とか屋根の仕上げでメーカー保証が請けられないため、とかなら、当然、補償がつく・つかないという問題なので、メーカーを変えたり、設置場所や方法を変えるという対策で、容易に解決できるわけです。

ところが、「効率的な発電が望めない」(と読める)理由なら、サニックスにして、問題が解決するとは思えません。
一般的に、東西に配置すると、概ね15%程度、発電量が低下します。(勾配による)

なので、そういう問題であれば、補助金を受け取った後の額の比較で、15%程度割安であれば、南向き設置と同じ経済効果が得られるといえば得られるので、サニックスが安かったので、解決したというのなら、そういう部分をフォローしていただけると、参考になるんじゃないかと思いますよ。

以前、「サンテックには将来性がある!」と主張した人がいましてね。

その中で、3割安いということだったのですが、正直全く安くありませんでした。

一頃は世界1位に輝いた、Qセルズ、実は、今月破綻しました。

たとえ、10年ですとか、20年ですとか、言うだけはタダですから適当なことをいってればいいのですが、補償の主体が潰れてしまっては意味がありません。
三洋も違う意味で消滅しましたし、国内のメーカーもどこも厳しいようですしね。

3.47kWが100万円ちょっと、このちょっとが101万でも、110万でも、100万ちょっとでしょうけど、仮に100万だとすれば、1kWあたり28.8万ですから、お値打ちではないかと思いますよ。

ただじゃあ、安いですね、となるかというと、自分の場合、三菱とか、フジプレとかで、補助金後ですが、同レベルの価格で導入している(陸屋根です)から、微妙に感じます。

# 10kWくらいで、システムが大きいので、単純に比較はできないかと思いますが。

というか、どうして補助金がでないのかも気になりますね。

それで補助金が出れば、もっと早く回収できるのに。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソーラーパネルの海外製品について 住環境エンジニアリングの家庭用ソーラーパネル豆知識/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる